【ちむどんどん】 第41 – 43回あらすじ 「てびち!てびち!てびち!!」

ちむどんどん


Warning: Undefined array key 3 in /home/marumaru7202/marumaru7202.momorinn.xyz/public_html/wp-content/themes/luxech/functions.php on line 103

連続テレビ小説『ちむどんどん』

第9週 「てびち!てびち!てびち!!」(てびち:豚足の甘辛煮)

下記3日分の「あらすじ」のご紹介と、今後の展開の予想をしていきたいと思います!

<ネタバレ含みます>

  • 第41回(6月6日放送)
  • 第42回(6月7日放送)
  • 第43回(6月8日放送)

第41回 暢子、とある店舗にヘルプ出向

暢子(黒島結菜)は徐々にイタリア料理の仕事に慣れてきましたが、ひょんなことから、オーナーの大城房子(原田美枝子)に命じられて、とある店舗の応援に出向くことになりました。出向いた先はイタリア料理店ではなく、意外な店でした。

兄の賢秀(竜星涼)は何やら怪しげな商売に手を染め始めます。

姉の良子(川口春奈)は夫婦関係に問題を抱えているようです。

妹の歌子(上白石萌歌)は勤め先の男性が気になり始めて…。

引用元 NHK 番組表

第42回 暢子、おでん屋の大将に!?

暢子(黒島結菜)は房子(原田美枝子)に命じられて、とある飲食店の立て直しにでむくことに。それは、イタリア料理の店では無く、なんと、屋台のおでん屋さんでした…。暢子はびっくりするやら、がっかりするやら…。

その頃、やんばるの優子(仲間由紀恵)たちは、フォンターナのオーナー、房子について驚きの事実を発見します。

そして怪しい商売を始めた賢秀(竜星涼)が暢子のもとに現れます。

引用元 NHK 番組表

第43回 暢子、房子の意外な過去を知る

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)に命じられた屋台のおでん屋の立て直しに懸命になります。

しかし、和彦(宮沢氷魚)や愛(飯豊まりえ)らがアドバイスするも、苦戦が続いてなかなかお客さんでにぎわうことがありません。

そんなとき、屋台に現れた三郎(片岡鶴太郎)と話すうちに、暢子は房子の過去について新しい事実を知ることに。

ちむどんどん

Posted by pumiechan1103