良ければ『シェア』をお願いします♪

Sponsored Link

いつもポケットにショパンの結末や最後が気になる!あらすじも!

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪

くらもちふさこさんの漫画作品『いつもポケットにショパン』が、

2018年前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の劇中に登場すると話題になっています。

1980年に別冊マーガレットで連載され、

かなりの大ヒット作となりました。

それでは、くらもちふさこさんのヒット作品『いつもポケットにショパン』の結末と最後や、

あらすじなども見ていきたいと思います。

Sponsored Link

いつもポケットにショパンの内容は?

母親がピアニストの主人公麻子と、同じく母親がピアニスト同士の幼馴染きしんちゃんは仲良しで楽しく過ごしていたが、きしんちゃんは中学に入る前にドイツへ留学することになり、楽しい時間は奪われた・・・。

きしんちゃんの母親は、麻子の母親にはある才能もないとピアノをあきらめた上に、恋人も奪われた。

復讐を、ライバルの子どもに対して計画した・・・。

くらもちふさこさんが、高校生まで続けていたピアノをテーマにした漫画。

自身がピアノ教師から「ショパンは向いていない」と言われ、ショパンに対して憧れと敬意があったことから生まれた作品。

くらもちふさこのプロフィール

本名:倉持房子

生年月日:1955年5月14日(62歳)

愛称:ふーちゃん
出身:東京都渋谷区
家族父 元日本製紙会長 妹 漫画家倉持知子

1962年 渋谷区猿樂小学校入学 7月豊島区駒込小学校に転校
1968年 駒込中学校入学
1971年 豊島岡女子学園高等学校入学

最終学歴:武蔵野美術大学中退

いつもポケットにショパンをの結末や最後が気になる!

あまりネタバレしすぎてもよくないと思うので一部だけご紹介します。

季晋の演奏が始まる。

季晋の奏でる音に麻子は泣き出す。

氷が解けていく。

演奏後ものすごい拍手に会場は沸く。

そして、最後はあの楽しかった頃の音を思い出させる。

決めの言葉は誰もが優しい気持ちになれる魔法の言葉なのではないでしょうか?

「いつもポケットにショパン」の結末と最後は、

氷を溶かし誰もが優しい気持ちになる、あの「アナと雪の女王」のような気持ちも彷彿とさせる描写になっています。

ドラマでの展開か楽しみですね!

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪