良ければ『シェア』をお願いします♪

Sponsored Link

大門未知子 過去の失敗とは?お金がない理由が気になる!

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪

米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX』。

今回のドラマの内容は時事ネタを取り上げて中々面白いですね。

米倉さん演じる大門未知子から「私、失敗しないので」と「いたしません」が聞けるだけで毎回ゾワゾワしてしまいます。

そんな、絶対に失敗しない大門未知子ですが、過去の失敗とお金がいつまで経ってもない理由が気になったので調査していこうと思います。

Sponsored Link

大門未知子 過去の失敗とは?

「失敗しないので」「いたしません」と物事をハッキリ言う大門未知子が、

借金を背負うこととなったのは、

伊東四朗演じる毒島に大門先生(未知子の父)が根に持たれたことが原因で、

ほかの病院とも連携し、

開業していた大門診療所を潰されてしまったことをキッカケに、

その借金が未知子にまで降りかかってくることとなったというのが経緯のようですね。

いつもマイペースで破天荒な大門未知子にもこんな過去があったなんて…

絶対に思い出したくない過去ですねよ。

もうすでに4シリーズまでの間に、

幾度と手術をしてきた彼女にまだ借金が残されているというから、

いったいいくらの負債を抱えてしまっているのか…(´・_・`)

恐ろしい話です。

大門未知子 お金がない理由が気になる

大門未知子の父親、大門寛は大学を退職してからは診療所を開業しました。

そう、大門診療所です。

毒島が外科部長の選挙に出た時、いろんなところから資金を募ります。

もちろん同期だった大門診療所にも。

ところが毒島の外科医としての品性を見抜いていた大門寛は、

その申し出を断りました。

すると外科部長になった毒島はそれを根に持ち、

大門診療所から紹介された患者は徹底的に拒絶、

入院も手術も拒否。

他の関連病院にも根回しする徹底ぶり。

大学病院とコネの切れた町医者なんて哀れすぎます。

やがて多額の借金をかかえます。

そして10年前に大門診療所は潰れました。

大門診療所は毒島につぶされたも同然です。

この時、娘の大門未知子が背負った多額の借金を肩代わりして救ったのが、

未知子がお世話?になっている神原昌(あきらさん)でした。

そんな訳で大門未知子は昌さんに借金があるのです。

このシーンは、本院の教授会で懲戒解雇された毒島が、

大門未知子を訪ねたシーン。

「一緒に墓参りに行ってほしい」

そう言われた、大門未知子はその申し出を断る。

大門未知子に頭を下げるなんて、、、

名前はおっかないですが、

案外悪い人じゃなかったかもしれませんね。

それとも毒島は病院を解雇され権力への執着から解放されたのでしょうか、、、。

大変記憶に残るシーンでした。

腕も一流で高額の手術をしているにも関わらず、

相変わらずお金がない大門未知子というキャラが何とも言えません。

お金に執着せず、目の前の患者さんを救う姿が、

人気の1つかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪