【ちむどんどん】喜納金吾役は渡辺大知!出演作品や夏帆と熱愛のウワサについても

芸能人


Warning: Undefined array key 2 in /home/marumaru7202/marumaru7202.momorinn.xyz/public_html/wp-content/themes/luxech/functions.php on line 100

Warning: Undefined array key 3 in /home/marumaru7202/marumaru7202.momorinn.xyz/public_html/wp-content/themes/luxech/functions.php on line 103

4月からスタートした新連続テレビ小説『ちむどんどん』。

暢子の姉、良子に熱く片想いする製糖工場の息子、喜納金吾(きな・きんご)を演じるのは、渡辺大知さん。

人懐っこい笑顔が印象的な渡辺さんは、一体どんな方なのでしょうか?気になりますね!

女優 夏帆さんとの熱愛の真相についても、調べていきたいと思います。

喜納金吾ってどんな人?

製糖工場のボンボン、喜納金吾。

暢子の姉、良子は母校の小学校の教員。

学生時代からの友人、石川博夫と男女を意識する仲。

良子と博夫が、ともに真面目で奥手な性格ゆえ、関係が進展しないところに、金吾がぐいぐい割り込んで来る、三角関係となりそうですね!

良子は誰を選ぶのか、気になるところです。

 

渡辺大知さんは『ちむどんどん』出演について、下記のようにコメントしています。

喜納金吾は明るく優しいムードメーカーで、好きな人へもガンガンアプローチしていく熱い男です。真っ直ぐすぎて「バカだなぁ」と思っちゃうくらいなんですが、なんだか憎めないやつ。自分がもし先輩だったら可愛がりたくなるようなキャラクターに出来たらなと思います。今は緊張もありますが、『ちむどんどん』の世界をとことん楽しみたいと思います。

ちょっとアホっぽいボンボン、でも憎めない男、喜納金吾。

なんだか渡辺大知さんにピッタリな役ではないでしょうか!?(←失礼)

喜納金吾役の渡辺大知のプロフィール

名前:渡辺大知(わたなべ・だいち)
生年月日:1990年8月8日(31歳)
出身地:兵庫県神戸市
身長:179 cm
血液型:O型
職業:俳優・歌手・映画監督
活動期間:
2007年 – (バンド:黒猫チェルシー)
2009年 – (俳優)
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
出身大学:東京造形大学デザイン学科映画専攻領域

引用 Wikipedia

過去出演作品など

高校在学中の2007年にロックバンド「黒猫チェルシー」を結成。ボーカルを務める。
2010年にミニアルバム『猫Pack』にてメジャーデビュー。
高いスキルと熱量を持ったLIVEを武器に各地で支持を拡げる一方、
『アナグラ』(アニメ「銀魂」EDテーマ)
『青のララバイ』(アニメ「NARUTO」EDテーマ)
『ベイビーユー』(映画「勝手にふるえてろ」主題歌)
などの楽曲も大きな話題となる。(2018年10月に黒猫チェルシーは活動休止)

音楽活動と並行して俳優としても活動を拡げる。
デビュー作となる映画『色即ぜねれいしょん』(2009年公開)では日本アカデミー賞新人俳優賞授賞を受賞、数々の映画やドラマに出演。
また、初映画監督作品『モーターズ』(2014)で”PFFアワード・審査員特別賞”を授賞するなど多彩な才能を開花させている。

引用 公式プロフィール

ロックバンドのボーカルをしていた過去も意外でしたが、映像の監督もされる方なのですね!

音楽、俳優、監督とマルチな才能を爆発させています。

 

芸能人

Posted by pumiechan1103