良ければ『シェア』をお願いします♪

大濠花火大会が終了した本当の理由が気になる!

良ければ『シェア』をお願いします♪

大濠花火大会が2018年今年の開催を最後に終了する。

というとってもびっくりなニュースが入ってきました。

大濠花火大会と言えば、福岡を代表する花火大会の一つで、

街の中心で上がる花火としても有名ですよね。

なので花火大火に興味がない人でも、関心を持つほどだったんです。

2018年9月14日に主催の西日本新聞から、

今年2018年の開催を最後に大濠花火大会を終了すると言う驚くべき発表がありました。

福岡では、香椎浜の花火大会もなくなったのでなんだかとっても寂しいですよね><

何故、大濠花火大会が終了しなければいけないのか?

大濠花火大会の本当の理由を調査していきたいと思います。

大濠花火大会終了にネット上の声は?

ネット上でも大濠花火大会終了に悲しみや寂しいと言う声が続出しているようです><

大濠花火大会終了の本当理由は?

大濠花火大会が終了することになった理由として、

安全性の確保が難しくなった為」とありますが、これではあまりにも突然すぎますよね。

大濠花火大会は毎年40万人以上の人が訪れるので大濠公園は、かなり大混雑です。

超大混雑するので、怪我人も出たりしていました。

人だけでなく、周辺の道路も車で渋滞がすごいのもあります。

花火を見るという目的以外の人もいたりするようで、

ナンパ目当てで迷惑やトラブルに巻き込まれたという話も聞いたことがあります。

大濠花火大会が行われていた大濠公園周辺は、住宅街となっています。

毎年、開催日になると帰宅が困難になっている人もいると聞いたことがありました。

そして今年一番問題になったのが、ひまわりの花壇が荒らされたことです。

こちらはニュースにもなりました。

大濠花火大会による混雑で人が思うように通れなくなったせいで、

小学生が植えたヒマワリが無残な姿に><

このニュースを見た時はかなり悲しくなりましたね><

やはりマナーの悪さとゴミ問題もあるようです。

まとめ

以上、大濠花火大会が終了した本当の理由についてご紹介しました。

大濠花火大会が終了することになった理由としては、

様々な理由が重なってとのことだとはあるのですが、

やはりマナーやガラが悪いと開催出来なくなってしまうんですね><

これから花火大会を楽しみにしていた子供達には本当に可哀想でなりません。

大濠花火大会が終了してしまうことは、本当に寂しいですが、マナーは守ってほしいですね。

良ければ『シェア』をお願いします♪