良ければ『シェア』をお願いします♪

市原悦子の現在!病気で休養中?若い頃を調べてみた

良ければ『シェア』をお願いします♪

市原悦子さんが、

体調不良のため2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』

のナレーションを降板したそうです。

市原悦子さん、個人的にすっごく好きな女優さんなので、

とっても心配です><

最近では、めっきりTV出演はなくなりましたよね。

そんな市原悦子さんの現在が気になります。

認知症?という噂まで出てきています。

病気のほうはどうなのか、、、?

それと若い頃についても調査してみました!

Sponsored Link

市原悦子のプロフィール

本名 塩見悦子(しおみ えつこ)

生年月日 1936年1月24日(81歳)

出身地 千葉県千葉市

身長 160㎝

血液型 A型

職業 女優・声優

ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画

活動期間 1957年

配偶者 塩見哲

出身高校 県立千葉高等学校

最終学歴 早稲田大学第二文学部卒業

デビュー 1957年

事務所 ワンダー・プロ

市原悦子さんといえば、

「家政婦は見た!」シリーズの印象が強いのではないでしょうか?

シリーズはなんと、26作品!

視聴率は、最高30%越え!

全シリーズの平均視聴率も21.8%と高視聴率の人気シリーズです。

柱の陰から、衝撃的な事実を知ってしまうというお決まりのシーンは、

いつも見入ってしまいます。

そしてもう一つ市原悦子さんに欠かせない作品が、

「まんが日本昔ばなし」

1975年から放送開始され、

1994年の3月まで、全国ネットでゴールデンタイムに放送されていたんです。

語り手と登場人物のすべてを、

市原悦子さんと常田富士男さんのたった2人だけで務めたそうです。

その数、全部で1854話となります。

これは日本人として、子供たちに語り継いでいかなければならない番組ですね!

市原悦子の現在!病気で休養中?

現在81歳の市原悦子さん。

年齢に驚きです。

たまーーーにナレーションしてるんですが、

声とか全く変わらないですもんね!

すごいなぁ!

そんな市原悦子さんが現在、病気のため休養中というので驚きと心配です。

一体何の病気なのでしょうか?

調べたところ、「自己免疫性脊髄炎」と診断され入院治療が必要ということで、

2017年5月までを目標に休養されていたそうです。

脊髄炎の原因は?

脊髄は頸髄(けいずい)、胸髄(きょうずい)、腰髄(ようずい)、仙髄(せんずい)からなりますが、

このどこかに炎症が生じた時に脊髄炎といいう。

急性に症状が現れた時には脊髄炎、

慢性に経過する時には脊髄症と呼ぶことが多い。

脊髄には狭い場所に神経が集中しているため、

小さな障害でも重い後遺症を残すことが懸念されます。

症状は?

運動障害や感覚障害に加え、膀胱直腸障害を伴うとされている。

市原悦子さんのマネージャーは、

仕事については「いっぱいあるんだけど、

自己免疫性というのは気をつけないと、

いつ再発するかわからない。

ですから本当によくなってから仕事をしてもらいたい。

免疫も落ちていることを考えると、

すぐに仕事というわけにはいかない。

当分、難しいと思う」と復帰時期を定めずに回復を待つ。

と仰っていたそうです。

やはり健康が一番ですものね!

完全に完治してから、

お仕事に復帰される姿をみたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪