かぶる傘がダサい?デマ?価格や発売日が気になる!

ニュース

東京オリンピック・パラリンピックの暑さ対策として、2019年5月24日に小池百合子都知事が、公開した猛暑対策の「かぶる傘」が話題になり炎上しています。

かぶる傘はダサいのか?

かぶる傘炎上はデマなのか?

かぶる傘の価格や発売日についても調査していきたいと思います。

かぶる傘炎上はデマなの?ボランティアのユニフォームじゃない!?

かぶる傘はボランティアのユニホームではないんです!

かぶる傘炎上はデマなんです。

 

小池百合子都知事が先日発表した「かぶる傘」ですが、

試作品として発表したのに、ボランティアの制服となってしまっているらしいのです。


かぶる傘のデザインがちょっと、、、という感想が多く影響しているようですね。

かぶる傘がダサい?ネットの反応は?

東京オリンピックの暑さ対策として小池百合子知事が発表した『かぶる傘』がダサいとネット上で話題になっていますよね。

ネット上の声をまとめてみました。

Twitter上でも、やっぱりダサい。被りたくない。

 

 

しかし、かぶる傘がダサいと真逆の意見もあるようですよ!

ネットの声を少し紹介します。

 

私も旦那さんと話してたんですが、

男性も日傘をさしたいと思う人がいるんじゃないかな?

ちなみに旦那さんは日傘さしたい派!

 

でも、男で日傘をさすのは勇気がいる。

日傘じゃなくて、かぶる傘だったら俺も使ってみたいかも!

と旦那さんも言ってました。

 

本当に、傘さすだけで片手がふさがるとすごく不便なんですよね。

私も子供が産まれてから更に不便だと改めて思ったんですけどね。

 

それに、大量の荷物かかえてると傘なんてさしてられないですよね。

カメラを撮るときも邪魔ですし。

ってなったら、これから「かぶる傘」流行るかもしれませんね!

かぶる傘の値段は?

かぶる傘の値段がいくらなのか気になりますよね!

今回発表された、東京五輪・パラリンピックの日よけ用「かぶる傘」は、今のところ一般に販売する予定はないようです。

 

ちなみに一般に販売されている傘の値段は、

安くて600円~2000円前後くらいがあります。

釣り用としても販売されてますが、普通に売ってることに驚きました!

気になる方は是非!

まとめ

以上、かぶる傘についてご紹介しました。

被る傘がボランティア制服だと炎上していますが、実際は東京オリンピックのグッズなのです。

デマ拡散は、ものすごいスピードで広まってしまいます。

決してボランティアの制服ではないので、惑わされないようにしたいですね!

ニュース

Posted by nao-ko