東京オリンピックチケットの第二希望とは?意味や当選確率が気になる

イベント

東京オリンピック2020が、2020年7月22日~8月9日まで開催されます。

オリンピックチケットには第二希望があることをご存知でしょうか?

せっかく東京で開催されるのだから、オリンピックチケットを何とかして手に入れたい!

と思う方は第二希望の意味が気になりますよね。

 

早速、オリンピックチケットについて第二希望の意味や、第二希望の当選確率について調査していきたいと思います。

 

東京オリンピックチケットの第二希望とは?意味が気になる

まずは、東京オリンピックチケットの購入方法からご紹介します。

1、TOKYO 2020 ID登録・電話番号認証

2、抽選申込受付期間:2019年5月28日(火)23:59まで

3、購入手続き期間:2019年6月20日から7月2日(火)23:59

4、チケット配送:2020年5月以降

 

オリンピックチケットの第二希望の意味ですが、上記手順2のチケット抽選申し込みの際に、第一希望だけでなく、第二希望まで申し込むことができるという意味になります。

 

第二希望選択サービスにより、第一希望のオリンピックチケットが購入できなくても、第二希望のオリンピックチケットが入手できる可能性があるので、どうしてもオリンピックチケットを入手したい方には、二倍のチャンスが訪れることになりますね。

ただし、第二希望のオリンピックチケット申し込みについては、公式HPによると以下の注意点があります。

第一希望・第二希望を同じセッションで申込みはできません。

※第一希望・第二希望いずれかのみの当選となります。

抽選の結果、いずれも落選となる場合もあります。

※第一希望・第二希望を同じセッションで申し込みはできません。

※第一希望・第二希望はそれぞれことなる席種・枚数で申し込み可能です。

引用元:東京2020

第二希望のオリンピックチケットを申し込む際には注意しましょう!

東京オリンピック第二希望の当選確率は?

東京オリンピックチケット第二希望の当選確率が気になりますよね!

開会式や人気競技には当選確率はもちろん、高倍率となります。

当選確率を図る目安として、オリンピックチケットの価格は良い目安になるかと思います。

 

開会式は30万円で、陸上決勝は13万円となることから応募が殺到し、とうせんかくりつが高倍率になることが分かります。

その為、第一希望だけでなく、第二希望まで応募したとしても、当選確率は高倍率であることに変わりはないと思います。

 

どうしてもオリンピックチケットを入手したい人は、価格が安い競技を選んで応募すると当選確率が上がるはずです!

 

価格が安い種目は、サッカー女子一次リーグや射撃、近代五種は2500円です。

需要と供給のバランスでオリンピックチケットの価格が決まっているので、応募すると当選する確率は高いと

思われます。

それに、第二希望まで申し込めば、さらに確率は上がるはずです。

 

オリンピックチケットは、第一希望として一人30枚まで申し込むことができます。

第二希望も併せると合計で60枚まで申し込めます。

これを全てオリンピックの値段が安い競技に応募すれば当選確率はぐっと上がるはずです!

ちなみに、当選は最大30枚までですので、ご注意ください。

まとめ

以上、東京オリンピックチケットについて、第二希望の意味とは?第二希望の当選確率についてご紹介しました。

 

第二希望の意味はチケット抽選申し込みの際にできる第二希望選択サービスのこと。

第二希望の当選確率は、オリンピックチケットの価格によって変動する可能性があるということ。

 

オリンピックチケットは、第二希望まで応募できます。

第二希望選択サービスを上手く活用して積極的に応募していきましょう!

どうしてもオリンピックチケットが欲しい!と言う方は、オリンピックチケットの価格が安い競技を狙って、第二希望まで活用して応募してみましょう。

 

 

 

イベント

Posted by nao-ko