【約束のネバーランド】ノーマンに黒幕説?理由を調査してみた!

約束のネバーランド

今とってもハマっているアニメ【約束のネバーランド

2019年1月にアニメ化し、かなり注目を集めているアニメの一つではないでしょうか。

コラボイベントや全国5都市で【約束のネバーランド】リアル

脱出ゲームが開催されるなど多くの人を魅了していますね。

 

現在テレビで放送中ですが、ノーマンが出荷されGFを巣立ってしまった後のことが気になって気になって。

ノーマンに黒幕説まで浮上しているということで、ノーマンについて考察していきたいと思います。

【約束のネバーランド】ノーマンについて


まずはノーマンのプロフィールから。

・2034年3月21日生まれ

・身長145㎝(11歳時点)

・首の認識番号 22194

・テストは毎回フルスコア(2043年の時も300のフルスコア)

・勉強や運動がずば抜けて優れている、GFの中でダントツの頭脳を持つ天才

・冷静な判断力・洞察力を持つ

・左利き

・2045年11月3日にGFを旅立つ

・Gfを旅立った後、Λ(ラムダ)という農園に入る

・Λ農園で行われるテストでもフルスコア(難易度上がったのに)

【約束のネバーランド】ノーマンに黒幕説が浮上している理由は?

何故、ノーマンに黒幕説が浮上しているのか?

それは、ノーマンの頭脳がずば抜けているため。

ノーマンはエマやレイよりもさらにずば抜けて優秀な頭脳を持っています。

脱獄篇では、誰もが驚くような計画や推理をたてるノーマン。

テストで常にフルスコアを取るって、本当にすごいことなんですね。

そんなノーマンもついに出荷されることに。

アニメの主要人物であるノーマンが早々と死んでしまうのか。

こんなに天才肌なノーマンをイザベラが簡単に手放してしまうのか。

おかしい!何か裏があるのでは?と思った方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

その後のノーマンは、研究施設のようなΛ(ラムダ)農園に入った。

Λ農園は、飼育員が女性ではなく男性です。

その男は、ピーター・ラートリー。

ピーター・ラートリーは、ミネルヴァことジェィムズの弟であり、ラートリー家36代目当主。

ラートリー家は、代々鬼と人間の関係を取り持つ役を担っているとのこと。

ということは 、後にエマ達にとって敵側になる。

そのΛ農園はGF農園とは違い、農園内がどこか近代的なのです。

また鬼が農園内に姿を現しています。

近代的な農園で研究と鬼と協力して行っていく。

ノーマンは知らないうちに研究に協力してしまうのではないか。という情報です。

量産農園のような知識を持たない食用児ではなく、貴族たちのよう鬼に与えるためのずば抜けた知能をもった食用児を作っているかもしれませんね。

【約束のネバーランド】ノーマンの遺伝子を使い、クローンが作られている!?

鬼は、優れた脳が大好物とエマ達が推測していましたね。

となると、ノーマンの頭脳は鬼たちにとっては特別なはずです。

そんなノーマンを利用しないのは、もったいないはず。

Λ農園は、かなりの近代的。

ノーマンの遺伝子を培養することが出来るかもしれません。

GFの農園のように教育し、見込みがないから出荷する。

というよりも、初めから優れている脳を育てるほうが鬼にとっても利益がありますよね。

なのでノーマンの遺伝子を使い、クローンが作られているのではないかと考えられます。

ノーマンが黒幕と言われる理由は、ノーマンの遺伝子を使い、食用児を作っているかもしれない。

と言うところからきているみたいです。

 

そしてもう一つ言われているのが、ノーマンの遺伝子を使って、子供を産ませているのではないか?とも考えられますね。

鬼側の世界でも妊娠、出産している姿があります。

レイの幼児期健忘の回想シーンでも、産まれた子供・妊婦が描かれています。

もちろん、イザベラの妊婦姿も描かれています。

となると、子供の父親は誰なのか?

鬼側の利益を考えると優れた能力を持つ人が父親になるはずです。

優れた能力=ノーマンもその候補になりますね。

まとめ

以上、ノーマンの黒幕説についての理由をまとめてみました。

ノーマンに裏があることはなんとなーく感じました。

自ら知らないうちに鬼へ協力してしまい黒幕説が浮上。

ですが、私自身はノーマンが黒幕とは思いたくないですね。

今後の展開からも目が離せなさそうですね!

約束のネバーランド

Posted by nao-ko