飯田怜の骨折や怪我の理由は?監督が止めない理由が気になる!

ニュース

プリンセス駅伝2018で、岩谷産業の飯田怜(いいだれい)選手が店頭後に四つん這いで走り出し、

膝を血だらけにしながら200m先にタスキを繋いだシーンが放送され話題となっています。


開設の増田明美さんの話によると、

飯田怜選手は、以前から足を怪我していたそうで、体調も良くなかったそうです。

 

両膝が擦り剝け、血だらけの状態となってましたが、

怪我の状態は大丈夫なのでしょうか?

 

そしてこのような状況になっても飯田怜選手を止めなかった、

監督や運営にも批判の声が上がっています。

 

早速、飯田怜選手の怪我の具合や四つん這いになっても止めなかった理由を調査していきたいと思います。

飯田怜の骨折や怪我の理由は?

プリンセス駅伝2018で四つん這いになってタスキを繋いだ飯田怜選手。

骨折や怪我の理由が気になったので調べてみたところ、

 

脛骨の骨折で全治3.4か月ということです。

プリンセス駅伝の前から、骨にヒビが入っていたのでしょうね。

疲労骨折としか考えられないです。

 

骨折してまで四つん這いで進むのは本当に辛かったでしょうね。

見てて辛かったですね。

 

飯田怜選手のタスキを繋ぎたいという気持ちは、とても素晴らしいことではあります。

怪我を早く治して復帰して活躍してもらいたいですね!

飯田怜の四つん這いを監督が止めなかった理由は?

飯田怜選手が四つん這いで200m先にタスキを繋いだシーンですが、

何故、監督は止めなかったのか?と話題になっています。

その理由を調べたところ、

監督は、飯田怜選手が転倒した時点で棄権させるように指示したものの、

コーチが現場に到着した時には、残り20メートルぐらいだったから棄権させなかったとのこと。

 

運営側から監督への連絡が遅く、このような事態になってしまったそうです。

箱根駅伝と違い、社会人駅伝は走っている選手の後ろに監督車が付いているわけではないので、

すぐに駆け寄って棄権させるなどの状況判断できる状態ではなかったみたいですね。

 

ですが、このようなアクシデントが起こってしまった以上、

今後の事故を防ぐ対応策が急がれことになりそうですね。

 

監督が悪いわけではなかったようですね。

飯田怜のプロフィール・経歴

名前:飯田怜(いいだ れい)

年齢:19歳

所属:岩谷産業(2018年入社)

出身地:熊本県

出身高校:ルーテル学院高校

自己記録1500m:4分34秒84(2017.06)

3000m:9分35秒69(2018.05)

趣味:ドラマや映画をみること

陸上を始めたきっかけ:初レースのロードレース大会で優勝した事がきっかけです

今年の目標:3000mを9分30秒台で走ること、5000mや10㎞に挑戦すること

まとめ

以上、飯田怜選手の骨折や怪我の理由についてご紹介しました。

19歳とまだまだこれからかなり活躍が期待できる飯田怜選手。

今後は絶対に無理せずに早く怪我を治すことだけを考えてほしいですね!

ニュース

Posted by nao-ko