良ければ『シェア』をお願いします♪

Sponsored Link

【コンフィデンスマンJP】のロケ地や撮影場所は?原作を調べた

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪

長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さんの3人の主演による月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。

今回の月9ドラマはかなり面白いものになるのではないでしょうか?

と始まる前から期待されています。

そこで早速、ドラマ『コンフィデンスマンJP』のロケ地撮影場所

原作あらすじを調べてみたいと思います。

Sponsored Link

【コンフィデンスマンJP】の原作はある?

ドラマコンフィデンスJPの原作はあるのでしょうか?

調べたところ、原作無しの古沢良太さんのオリジナル脚本ということです。

吉沢良太さんと言えば、リーガルハイ」、

シリーズ「デート~恋とはどんなものかしら~」(共に同系)、

映画『ミックス』、『探偵はBARにいる』などの人気作品の脚本も担当している脚本家さんです。

これはかなり面白いドラマになりそうですね^_^

【コンフィデンスマンJP】のタイトルの意味は?

ドラマ「コンフィデンスマンJP」のタイトルの意味が気になります。

信用詐欺師」という言葉が原作やあらすじなどから良く出てきます。

特定の「詐欺師」のことを指す言葉ではなく、

特に広く使われている言葉でもないようです。

それなのに、あえてドラマの公式サイトで「信用詐欺師」という言葉を使っているところが少し疑問です。

少し掘り下げて調べてみると、実はこの「信用詐欺師」という言葉は、

ある海外小説のタイトルと同じということが分かりました。

ハーマン・メルヴィルが著した作品、『信用詐欺師』からとった言葉だと考えられます。

この小説のもともとの英語のタイトルも「The Confidence-Man」というタイトルで、

この「信用詐欺師」という言葉は、ここからとられたものだと考えられます。

コンフィデンスマンJPのあらすじは?

長澤まさみさん主演のドラマ『コンフィデンスマンJP』のあらすじを見ていきたいと思います。

『コンフィデンスマンJP』は、“欲望”や“金”をテーマに、

一見、平凡で善良そうな姿をした、ダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師たちが、

金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、

毎回、さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、

欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる、痛快エンターテインメントコメディー作品です。

【コンフィデンスマンJP】のロケ地や撮影場所が気になる!

コンフィデンスマンJPの気になるロケ地ですが目撃情報によると、

五反田駅前の路地でロケをやっていて東出昌大さんとすれ違ったとのつぶやきがありました。

それとどこの空港までかは分かりませんでしたが、

空港でもロケをしていたようです。

撮影は2月から始まっていたようで、

他のドラマに比べかなり早い段階から撮影がスタートしていたんですね。

もう一つのロケ地としてあげられているのが、

茨城県の小美玉市。こちらはエキストラ募集の場所ともなっているため、

何らかの撮影が行われたのは間違いないようです。

コンフィデンスマンJPを見逃したら、、、?

「コンフィデンスマンJP」は、

FOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができます。

それ以外にも、富士手r日の番組がほぼ見放題になるFODプレミアムがオススメです!



  • 月額 888円
  • 動画配信数 25,000本
  • お試し期間 31日間
  • 雑誌読み放題100誌以上
  • 更新時ボーナス100P付与

気になる方は是非登録してみてくださね^^

まとめ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の原作やあらすじ。

ロケ地や撮影場所についてまとめていきました。

脚本家が吉沢良太さんということで、かなり期待してもいいのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪