良ければ『シェア』をお願いします♪

大杉漣の急死の原因が気になる!最後のドラマ出演を調べた

良ければ『シェア』をお願いします♪

Sponsored Link
Sponsored Link

めちゃめちゃショックなニュースが入ってきました。

俳優の大杉漣さんが急性心不全のため亡くなったとのことです。

ニュースを見て、一瞬時が止まってしまいました。

つい最近までテレビに出ていました。

現在ドラマも放送中です。

もうこれは悲しすぎます、、、。

ショックすぎます。

ネット上でも衝撃が走っています。

なぜ、大杉漣さんは急死してしまったのか?

その原因について調査していきます!

Sponsored Link

大杉漣が急死!その原因は?

大杉漣さんは急性心不全のため急死しました。

66歳でした。

2018年2月21日

午前3時53分に

急性心不全で急逝

なぜ大杉漣さんは、急性心不全になってしまったのでしょうか?

ここ最近ですと2月5日にもドラマの記者会見で元気な姿を見せていました。

大杉漣さんは自身のブログに飼っている猫との写真をUPしたりと、

ブログの更新もされていました。

関係者からも全く体調不良のようなそぶりも無かった。

と関係者や芸能界にも大きな衝撃が走っています。

ですが、大杉漣さんは最初に腹痛を訴えたそうです。

なぜ急性心不全で腹痛が起きるのでしょうか?

心臓病の主な症状として胸の中央部からみぞおちにかけて漠然として痛みが生じます。

専門家も大杉漣さんはみぞおちの痛みを訴えていたのではないかと分析しています。

痛み方は「焼けるよう」「しめつけられるよう」に感じるようです。

急性心不全は、50代から60代にかけて発症するリスクが高まりやすい病気です。

心不全とは何か明確な原因があって引きおこるものではないということ。

複数の原因が重なって引きおこるもの。

心臓機能の低下により、引き起こる可能性もある。

そうなると、原因という原因がつきとめられないのかもしれません。

冬になると、気温が下がり体温も低下してしまいます。

心臓のポンプ機能が弱まり血液が上手く循環しなくなります。

高齢者による急性心不全を引き起こしてしまうリスクが高まってしまうのです。

ただし、心筋梗塞や心臓弁膜症、尊像病を患っている方にも多くみられる病気です。

ちなみに高血圧もその要因の1つなのです。

もしかして、大杉漣さんは以前からなにかの病気だったのでしょうか?

急死と聞くと、今までに予兆があったんじゃないか?と思いますよね。

大杉漣さんといえば、スポーツが趣味でロードバイクを乗り回し、

新宿や下北沢といったオシャレな街に出かけるのが何よりの楽しみだったそうです。

スポーツの中でもサッカーが一番好きで、見るのもプレイするのも好きだったそうです。

休日の日には一人でサッカーボールを蹴って遊ぶこともあったようです。

葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行うそうです。

大杉漣の最後のドラマ出演作品は?

21日から予定通り放送される、

バイプレイヤーズ

が大杉漣さん生前の最後の作品となるようです。

大杉漣さんと言えば、ドラマでは主役ではなかったですが、

いつも黒幕やワル役が多い印象でした。、

大杉漣さんが出演しているドラマはすべて

最後に大どんでん返しが来るんじゃないか?と期待して見てました。

最後の作品になるなんて悲しすぎます、、、。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪