良ければ『シェア』をお願いします♪

アンナチュラルの意味は?原作やあらすじを調べた

良ければ『シェア』をお願いします♪

Sponsored Link
Sponsored Link

石原さとみさん主演のドラマ、

『アンナチュラル』が2018年1月よりスタートします。

1月スタートのドラマの中で、どれよりも楽しみなんです^ ^

今回は医療系ということで、

これまでとは違った石原さとみさんの役柄が見れるのではないでしょうか?

このドラマが始まるにあたって、

気になったことが、

それはアンナチュラルの意味です。

どういう意味なのか?

原作とあらすじも合わせて見ていこうと思います。

アンナチュラルの意味は?

アンナチュラルで石原さとみが演じるのは法医解剖医。

二品に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、

石原さとみ演じる主人公三澄ミコトら5人の法医解剖医がさまざまな死因を究明し、未来の誰かを究明する物語。

一話完結で物語が進むとのことなので、途中からでも楽しめそうですね‼︎

ドラマの中で石原さとみが挑戦する法医解剖医とは、日本に170人ほどしか登録がない死因究明スペシャリストのことで、UDIラボにはそうした法医解剖医が集まっているようです。

タイトルのアンナチュラルですが、

どういう意味なのでしょうか?

単純な英単語としての意味は、

「不自然」です。

そして今回のドラマが不自然死(アンナチュラルデス)を遂げた死体を扱う法医解剖医の物語であることからこのように名付けられたのではないかと思います。
もしくは不自然死に隠された事件の真相や、それを隠蔽する組織に対する「不自然」さを解決することが目的であることから、

ドラマ全体で「不自然」という言葉がキーワードになっているのではないでしょうか?

ドラマの意味って奥深くて、例えば「あなたのことはそれほど」って最初は主語が主人公かと誰もが思っていたのですが
最終回で「実は」旦那が主語で、 主人公が「あなた」であったということで話題になりました。

そうこの「不自然」も最初はだれもが「不自然死」のことを指していると思わしておいて、
最終回で、なんと….!!ということになりかねません。ので楽しみに見ていきましょう。

アンナチュラル 原作はある?

このドラマは原作なしのオリジナル作品です。

原作がないって、

これは面白くなりそうですね‼︎

一方、竹内願人さんの小説「アンナチュラル―小説・自閉症〈上〉〈下〉」がありますが、このドラマとは関係ないとのことです。

どんなドラマになるのか、、、?

とっても楽しみですね。

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪