良ければ『シェア』をお願いします♪

Sponsored Link

わろてんか てんの結婚相手は伊能栞!?誰か調べてみた

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪

こんにちは、yahです。

天気の悪い日が続いていますね。

毎日雨で、気温もぐーっと下がってきた今日この頃。

皆様、お身体大事にしてくださいね。

そんな肌寒い毎日、ほっこりするようなテレビを観て、身体の内から温めてみませんか。

現在NHKで放送されている、連続テレビ小説「わろてんか」。

笑うと身体がぽかぽかしてきますね。

この話は、観ているだけで優しい気持ちになれます。

今日はそんなドラマ「わろてんか」の主人公、藤岡てんについて紹介していきます。

Sponsored Link

わろてんか 藤岡てんはどんな役?

藤岡てんについて紹介する前に、簡単にドラマのあらすじを…

明治後期、商都・大阪が大いに栄えていた時代――――――。

ヒロイン・藤岡てんは京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女として生まれました。いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸(=ゲラ)の女の子。ところがある日、父から”笑い禁止”を命じられ窮屈な日々を過ごすことに…。

そんな時、笑いをこよなく愛する旅芸人の藤吉と出会い、「笑って生きる」ことこそが自分の人生の希望だと確信します。運命的な恋に落ちたてんは、親の反対を振り切って駆け落ち同然に藤吉と大阪へ向かいます。

じつは藤吉は大阪船場(せんば)の老舗米問屋「北村屋」の長男であり、簡単に二人の結婚が許されるはずもありません。さらに北村屋の危機を救おうとした藤吉が大失敗をして店を傾かせてしまう事態に…。

その時てんは決意します。

「藤吉さんが好きな笑いを、商売にしてみませんか?」

その一言から、素人同然の若夫婦が大阪のみならず日本中の人を笑わせるべく、二人三脚の大冒険を始めます!

※ドラマは実在の人物群をモチーフにしていますが、

その物語は一人の女性が愛と笑いと勇気をもって懸命に生きる一代記として大胆に再構成し、フィクションとしてお届けします。

松坂桃李さん演じる北村藤吉が、笑顔が素敵なイケメンさん。

薬種問屋の長女・藤岡てんは、幼少のときに藤吉と出会います。

これが運命の出会いでした。

葵わかなさん演じる藤岡てんは、昔からよく笑う女の子です。

あまりに笑うので、笑顔を封じられてしまうこともありましたが、

てんは「いつも笑顔でいることが大切」だということに気付いていきます。

とにかく、見ているだけでこちらも笑顔になってしまうほど、素敵な笑顔のおてんさん。

私は葵わかなさん、ナイス抜擢だと思います。

可愛い笑顔です。

わろてんか てんと伊能栞の関係は?

ここからはネタバレ注意です!!

さて、年頃になったてんの元に、薬種問屋を存続させるために縁談話が持ち上がります。

それが大阪伊能製薬の社長の息子にあたる、伊能栞(高橋一生)とのものでした。

手紙を交わしていた北村藤吉に会いたくて、大阪に出向いたてん。

そこでチンピラに絡まれてしまいます。

そこをたまたま助けてくれたのが、伊能栞でした。

兄の死をきっかけに、藤岡薬種問屋を残していくには、

自分の縁談話を進めることが大事だということで決意を固めます。

しかし、伊能栞はてんに想い人がいることを悟っていますので、縁談話は断ります。

そうですよね、大阪まで会いに行くなんて、恋している証拠だと思います。

それに気付いていない?のが、てんさんの魅力ですね。

今後、二人の関係がどのようになっていくかは分かりませんが、要注目ですね。

わろてんか てんの結婚相手を予想

今回わろてんかで、てんの周りには3人の男性がいます。

まずは、伊能栞。いわゆる婚約者ですね。

藤岡薬種問屋を存続させるためにも、

伊能栞との縁談は欠かせないような気がしますが、伊能栞から断っています。

(てんに想い人がいることを悟ったからですが…)そうは言っても、

てんのひたむきさや、可愛い笑顔に、そのうち縁談話を復活させたりするのではないかな…。「気付いたら好きになっていたパターン」てやつです。

そうなると、家の事情としては願ったり叶ったりなのでいいですが、

そのときのてんの気持ちはどうなっているのか…。

今のところは伊能栞が可能性が高いのではないでしょうか。

次に、幼少期に出会った旅芸人一座の北村藤吉。

てんは小さかったので、「いくつ差だよ!」ていう思いもありますが、

ここはドラマ。松坂桃李さんがかっこよすぎるので、そんなことは気になりません。

てんの想い人は藤吉でしょう。大阪まで追いかけていますので。

(まだ無自覚なのでしょうが…)薬種問屋を捨ててしまうことになりますが、

自分の思いを優先するとするなら、藤吉との結婚もありでしょう。

まあ、妹もいるし、大丈夫か?という思いもあるかもしれません。

ロマンチックにいくなら藤吉、家のことを考えるなら栞、というところでしょうか。

どちらもいい人なので、てんは迷うでしょうね…。

ちなみに、幼少期から傍にいる、手代の武井風太。

風太は藤吉から来る手紙をてんに渡しているのですが、

手紙を渡すのをためらうシーンがあります。

いわゆる「幼馴染ラブ」ですね。

一番近くにいるけれど、その思いは届かないパターンです。

でも、可能性は0ではないと思いので…風太がんばれ!

あとは、てんがどう決断を下すのか、

テレビを観て見守っていきたいところです。

まとめ

笑顔が可愛いおてんさん。

観ていてほっこりするのが、連続テレビ小説のいいところですが、

今回もそれは如実に表れていますね。

てんが今後どのように人生を歩んでいくか、注目です。

3人の男性のうち、誰がてんの心を射止めるのか、注目です!

Sponsored Link

良ければ『シェア』をお願いします♪